友達と仲良くなる方法:5つのコミュニケーションタイプとは?

友達と仲良くなる『5つのコミュニケーションタイプ』活用方法

  • 友達と仲良くなりたい!
  • だけど仲良くなれない…
  • いまいち距離が縮まらない…

 

あなたは、そんな気持ちを感じたことがありませんか?

 

そこで今回は、友達と仲良くなるために役立つ『5つのコミュニケーションタイプ』と、それを活用して人と仲良くなる方法についてお話します。

 

なぜ『5つのコミュニケーションタイプ』が大事なのか?

 

この5つのコミュニケーションタイプを知らないままでいると、お互いのコミュニケーションがうまく噛み合わず、すれ違いが起こる確率がアップしてしまうため、友達を作ったり、仲良くなるスピードも遅くなってしまう可能性があります。

 

あなたが心を開いて好意を示しているつもりでも、相手にはまったく気持ちが伝わらなくなってしまったり、相手があなたへ好意を表現してくれていても、それにぜんぜん気が付けない。ということが起こってくるからです。

 

逆に、この5つのコミュニケーションタイプを意識して人とコミュニケーションをすると、あなたの気持ちが相手へ伝わりやすくなり、相手の気持ちも理解しやすくなるので、友達と短期間で仲良くなったり、良い関係を維持することがしやすくなります。

 

犬と人間と友達の共通点

 

例えば、犬と人間では、ものごとに対する感じ方がまったく違いますが、あなたが犬と仲良くなりたいと思ったときに、どんなに人間の言葉で、

 

「オレ(私)はお前と仲良くなりたいんだ!友達になろう!!」

 

と言っても、犬からしてみたら

 

「???」

 

です。

 

しかし、エサをあげたり、一緒にボールで遊んだり、体をなでてあげたりと、相手の犬にも分かりやすい方法でコミュニケーションをとると、人間の言葉だけで伝えようとするよりも、はるかに気持ちが伝わりやすくなります。

 

そして、実はこれと似たようなことが同じ人間同士でも言えて、相手に気持ちが伝わりやすいコミュニケーションと、伝わりにくいコミュニケーションがあるのです。

 

今回紹介するのは、相手のコミュニケーションタイプを知り、その人のタイプに合ったコミュニケーションを心がけることで、あなたの気持ちを相手に伝わりやすくしたり、相手の気持ちも理解しやすくなる方法です。

 

5つのコミュニケーションタイプとは

 

人間は、相手からの愛情を感じたり、相手への愛情を表現するとき、主に次の5つのコミュニケーションタイプに分かれると言われています。

 

  • 言葉
  • スキンシップ
  • 時間
  • 奉仕
  • プレゼント

 

それではひとつひとつ解説していきます。

 

言葉タイプ

 

言葉タイプの人は、相手からの言葉によって愛情を感じたり、自分でも言葉で気持ちを表現するタイプです。

 

なので、このタイプの人と友達として仲良くなりたいと思ったら、プレゼントを渡したり握手をするよりも、会話などの言葉で褒めてあげたり、感謝の気持ちを伝えたりすると気持ちが伝わりやすくなります。

 

メールや手紙なども効果的です。

 

例えば、やたら長いメールをしてくる人や、本を読むことが好きな人、話すのが好きな人などはこのタイプの可能性が高いです。

 

スキンシップタイプ

 

スキンシップタイプの人は、握手やハグなどの直接の体のふれあいによって愛情を感じたり、自分を表現するタイプです。

 

そのため、このタイプの人と友達として仲良くなりたいと思ったら、メールをしたり、プレゼントを渡すよりも、直接会ってガッチリ握手をしたりハイタッチをしたりするほうが気持ちが伝わりやすくなります

 

(ただし、相手が異性の場合、いきなり体にベタベタ触れると、ただのセクハラだと思われて嫌われてしまう場合があるので、注意が必要です)

 

例えば、積極的に握手を求めてきたり、肩へ触れてくるような人はこのタイプの可能性が高いです。

 

時間タイプ

 

時間タイプの人は、一緒に時間をすごすことで愛情を感じやすく、自分が好きな相手とはとにかく一緒にいたいタイプの人です。

 

なので、時間タイプの人と友達として仲良くなりたい場合は、言葉でいろいろ話したり、握手をするよりも、同じ体験を共有したり、連絡や直接会う回数を多くすることを意識すると仲良くなりやすいです。

 

例えば、特になにをするわけでもないのに、やけに長時間一緒にいたがる人や、長電話が好きな人などは、このタイプの可能性が高いです。

 

奉仕タイプ

 

奉仕タイプの人は、人から掃除を手伝ってもらったり、なにかの作業などをしてもらったりすることで愛情を感じるタイプです。

 

そのため、奉仕タイプの人と友達として仲良くなりたい場合、のどが乾いていそうだったら飲み物を持ってきてあげたり、重い荷物を持ってあげたりと、その人の役に立つ行動を代わりにやってあげると喜ばれます。

 

例えば、一緒に食事をした時に、積極的に飲み物をついでくれたり、食べ物をお皿によそってくれたりする人はこのタイプの可能性が高いです。

 

プレゼントタイプ

 

プレゼントタイプの人は、プレゼントをもらうことで人からの愛情を感じるタイプです。

 

したがって、プレゼントタイプの人と友達になって仲良くしたい場合は、会う時にちょっとしたおみやげを渡すようにしたり、誕生日やなにかの記念日にプレゼントを贈ったりすると仲良くなりやすいです。

 

例えば、ちょっとした近場へ出かけただけでも周りの人へのお土産を必ず買ってくる人や、なにかと形のあるモノを贈ってくる人などは、プレゼントタイプの可能性が高いです。

 

私の場合の例

 

これらの5つのコミュニケーションタイプは、完全にどれかひとつだけにハッキリ分かれているというよりも、人それぞれ強弱のバランスが違う感じです。

 

どのタイプが優れていてどのタイプが劣っているということもありません。

 

例えば、私の場合、自分が当てはまる順に言うと

 

  1. 言葉
  2. スキンシップ
  3. 奉仕
  4. 時間
  5. プレゼント

 

という感じで言葉がもっとも強く、次にスキンシップが強い気がします。

 

以前、仕事仲間から、少しあらたまった感じで感謝の気持ちをつづった長文のメールをいただいた時、すごく嬉しくて何度も読み返してはニヤニヤしていたことがあります。

 

また、友達と一緒に遊んだ帰りに、「今日は一緒に遊べてマジで楽しかったよ!」と言われて笑顔で握手をしてもらったりすると、相手に対しても「なんていいヤツなんだ!絶対また遊びたい!」と感じたりします。

 

(↑単純なので 笑)

 

それ以外の奉仕、時間、プレゼントなどに関しても、それぞれ当てはまるところはあるのですが、特に”プレゼント”や”時間”はどちらかと言うとめんどうに感じてしまうことが多いかもしれません。

 

例えば人から服をプレゼントしてもらってもあまりピンと来なくて、特にそれが自分の趣味と合っていないものだったりすると、「すぐに捨てるわけにもいかないし、お返しがめんどくさいな……」みたいに感じてしまったことがあります。

 

また、人と同じ部屋でそれぞれマンガを読んでいるなど、特に話をするわけでもなくダラダラ一緒にいるような状況になると、それがどんなに好きな相手であっても、なんとなく時間がムダに思えてきて帰りたくなってしまいます。

 

相手のタイプを見極める方法

 

ここまでに解説してきたように、相手を観察しているだけでも、ある程度はその人のタイプが分かるのですが、一番手っ取り早く相手のタイプを見極める方法は、直接相手に聞くことです。

 

「人と仲良くなるために役立つ5つのコミュニケーションタイプがある」という話をすれば、ちょっとした占いやゲームを楽しむ感覚で会話のネタにもなります。

 

そして、相手のタイプに合ったコミュニケーションの方法を意識して関わることで、まったく意識してない時よりも気持ちが伝わりやすくなるので、仲良くなりやすくなるわけです。

 

5つのコミュニケーションタイプのまとめ

 

  • 友達と仲良くなるには相手のタイプに合ったコミュニケーションを意識することが大事
  • 大きく分けると人それぞれ5つのコミュニケーションタイプがある
  • 5つのタイプとは・言葉・スキンシップ・時間・奉仕・プレゼント
  • まずは自分がどのタイプかを自覚する
  • 相手のタイプを見極めるには直接聞くのが手っとり早い

関連ページ

友達がゼロの大人には価値が無いのか?
友達がゼロ、1人もいない、完全に独りぼっち、そんな大人には本当に価値が無いのか?
価値観や考え方が合わない友達を避けて相性の良い友達を作る方法
価値観や考え方が合わない友達を避けて相性の良い友達を作る方法です。この方法を活用することで価値観や考え方が明らかに合わない嫌な人を避け、相性が良くて仲良くなりたい人を引き寄せて友達になる確率を大きく高めることができます。
価値感の押し付けではなく価値感を表現する
一方的な「価値感の押し付け」を避けて自然に価値感の合う友達を引き寄せるには?
性格がきつい人や自己中のな人にならない自然な価値感の伝え方
「性格がきつい人」や「ただの自己中な人」にならずに、より自然かつ柔らかい印象で自分の価値感を伝えるための5つのコツとは?
友達との人間関係が続かない人と続く人の違い
友達との人間関係が続かない人と続く人の違いをもたらす4つのパターンとは?
疎遠を回避し友達と良い人間関係を続ける5つの方法
疎遠を回避して友達と良い人間関係を長期的に続けるための5つの方法とは?
人間関係に自信が持てない社会人が自信を持つ方法
人間関係に自信が持てない社会人が確実に自信を持つための方法とは?
人付き合いの自信をつけるには?3つのコツ
人付き合いの自信をつけるには?3つのコツを紹介します。
友達募集掲示板で失敗する方法と対策
友達募集で掲示板を活用する時に失敗してしまう方法と、その対策についてお伝えします。
社会人の友達作りにおすすめの意外な場所
社会人が友達作りをできる”意外な場所”とは?
ひとりぼっち独身社会人の疲れを回復する12の方法
ひとりぼっちで友達も恋人もいない独身社会人が疲れを回復するための12の方法とは?これらを活用すると心も体も疲れがとれて元気になってくるので、友達が作りやすくなり仕事にも前向きな気持ちで取組みやすくなります。
今から友達作りは難しい?友達がいないまま社会人に…
学生時代に友達がいないまま社会人になってしまった場合、今から新しい友達を作るのは難しいのか?について考えました。
社会人となり疎遠になった学生時代の友達関係を復活する方法
社会人になって疎遠になってしまっていた友達とも、この方法を活用することで比較的自然な流れで関係を復活させることができました。
親友がいない社会人・大人の3つの原因と対策
親友がいない社会人・大人になってしまう3つの原因と対策とは?
友達ができない社会人9の特徴
友達ができない社会人の特徴を知り自分に当てはめることで、新しい友だちを作るために、そして友達になった相手との人間関係を良い状態に保つために、どんな点に気をつけたらいいか客観的に把握しやすくなります。
友達と離れたい疎遠にしたい時の禁断の方法
あなたはこの『友達と離れたい疎遠にしたい時の禁断の方法』を活用することで、もう関わりたくないと感じる友達から比較的自然に疎遠になっていき、自由の身になることができます。
友達として信用できる社会人と信用できない社会人の違い
友達として信用できる社会人と友達として信用できない社会人の違いとは?
社会人と学生時代における友達の作り方 3つの違い
実は、社会人や大人になってからの友達の作り方は学生時代の友達の作り方とは違います。この3つの違いを理解することで、社会人や大人になってからの友達作りがしやすくなります。
望んでいることを明確にする
望んでいることを明確にすることが、友達と長期的に仲の良い人間関係を続けていくために、なぜ大切なのか?
方向性を一致させる
長期的に友達との良い関係を維持していくためには、相手と自分の方向性を一致させることが大切です。
先に与える人になる
「先に与える人」になることが、なぜ人間関係において大切なのか?
10倍与える
なぜ10倍与える人は人間関係がうまくいくのか?
感謝の気持ちで100%受け取る
「感謝の気持ちで100%受け取る」ことがなぜ人間関係において大切なのか?
結婚式に呼ぶ友達がいない・少ない場合の3つの対策(男女共通)
「結婚式に呼ぶ友達がいない・少ない」そんな場合の対策についてお話します。「形だけ」を避け、納得のいく式にするための3つの対策とは?

 
友達の作り方(TOP) 自己紹介・体験談 友達の作り方講座 人見知り克服講座 お問い合わせ