社会人と学生時代における友達の作り方 3つの違い

社会人と学生時代の友達の作り方における”3つの違い”とは?

あなたは、社会人になってからの友達の作り方と学生時代の友達の作り方では何がちがうと思いますか?

 

実は、社会人や大人になってからの友達の作り方は学生時代の友達の作り方とは違います。

 

言われてみると当たり前でも、意外とここがよく分かっていないまま社会人・大人になってからの新しい友達を作ろうとして、うまくいかない、難しいと感じてしまう人は少なくありません。

 

逆に、この3つの違いを知っておくことで、社会人や大人になってからの友達作りがしやすくなります。

 

また、もしもあなたが学生時代から友達が1人もいない状況を経験していたとしても、どうやったら社会人や大人になってから新しく友達を作ったらいいかをイメージしやすくなると思います。

 

学生時代と社会人時代で違う友達の作り方における”3つの違い”

 

社会人になってからの友達の作り方と学生時代の友達の作り方で、とくに違うのは

  • 自分から行動していく主体性
  • 親友の作りやすさ
  • 相手の選びやすさ

 

この3つだと私は考えています。

 

自分から行動していく主体性

 

社会人になってからの友達の作り方と学生時代の友達の作り方の違いのひとつめは、自分から行動していく主体性が求められるかどうかです。

 

学生時代や社会人であっても社会に出たばかりのときなどは、自分が置かれた環境や”勢い”によって、ある程度は自動的に友達ができやすいところがあります。

 

例えば、同じクラスだから、同じ部活だから、同期入社だから、といった感じです。

 

学生時代は体育祭や文化祭などの学校行事などもあるので、自分で「この人と友達になろう」と思わなくても、なんとなくお互いに共同作業などをしているうちに自然と気があって友達ができることがあります。

 

また、若くて勢いがあるので、難しいことはあまり考えずに、その場のノリだけである程度は仲良くなれたりすることがあります。

 

しかし、社会人は自分から主体性を持って、意識的に友達を作っていく必要があります。

 

例えば、仕事をするようになってライフスタイルが固まってきたときに、なにも意識せずに毎日をすごしていると、会社へ行く⇒仕事をする⇒帰る⇒シャワーを浴びる⇒寝る⇒休みもなんとなく過ぎてしまった。

 

みたいな単調な生活パターンのくり返しになってしまいがちです。

 

働いている社会人は、自分の時間がたっぷりあった学生時代とは違い、相手もそれぞれ家庭を持っていたり、いろいろやるべきことも多いので、気軽にプライベートで遊んだり飲みに誘いにくい場合も考えられます。

 

たまに仕事関係の食事会や懇親会などがあったとしても、学生時代のように毎年クラス替えなどがあるわけでもなく、いつも同じ顔ぶれで新しい出会いが無いといった場合もめずらしくありません。

 

同じ職場の人でも価値観や考え方はいろいろなので、「仕事以外のプライベートまで職場の人と絡みたくない」と考える人も少なくありません。

 

そういったことがあるので、自分から友達と出会うことのできる場所へ足を運んだり、自分から話しかけたりと、とにかく自分からきっかけを作って、目的意識を持って行動していく必要があるのです。

 

親友の作りやすさ

 

社会人になってからの友達の作り方と学生時代の友達の作り方の違いの2つめは、親友の作りやすさです。

 

学生時代に親友ができる場合ももちろんありますが、実は社会人になってからのほうが長期的に深い付き合いができる本当の親友が作りやすいと私は考えています。

 

先ほども話しましたが、学生時代にできる友達は環境やその場の勢いが大きく影響しています。

 

そのため、学生時代にはすごく気があって親友になれたとしても、その後、社会に出て大人になっていく中で、それぞれの興味や価値観、住む場所、仕事、趣味、結婚、子育てなどいろいろな状況の変化によって、関係性も変わっていってしまうのは、ある意味当たり前だと言えます。

 

しかし、社会人や大人になって、自分の考えや生活スタイルなどがある程度できてくると、お互いに興味やテーマが共通したところで友達をつくっていくことが学生時代よりもやりやすくなっていきます。

 

また、社会人・大人だからこそ、お互いに会話の中でも共感できるポイントを見つけようとしたり、相手への気配りやマナーなどもある程度身につけているので、友達作りに積極的な人同士であればなおさら、仲良くなることが簡単なところがあります。

 

相手の選びやすさ

 

社会人になってからの友達の作り方と学生時代の友達の作り方の違いの3つ目は、相手の選びやすさです。

 

ここまでの話は全部つながっているのですが、環境やその場の勢いなどが大きかった学生時代と比べて、社会人となり大人となった段階では、自分の目的に応じて相手を選ぶことができるようになります。

 

もちろん、学生時代でも「あいつはムカツクから関わりたくない」「あの人は気があうから一緒にいたい」などと、ある程度は交友関係を選ぶことは可能ですが、社会人のほうが圧倒的に自由度が高いのです。

 

例えば、今の時代はインターネットなども発達しているので、自分の共通の趣味や話題に興味がある人をすぐに見つけることができます。

 

社会人サークルに参加しても良いし、SNSもあるし、自分でブログなどをはじめてみるのも良いと思います。

 

もしも、あなたが釣りが好きで週末に一緒に釣りに行く仲間がほしいと思ったら、そういった集まりを探せばけっこう見つかるはずです。

 

また、趣味が特に無くても、共通する立場などで選ぶこともできます。

 

例えば、私は今、30代で独身の男性なんですが、いくら趣味が合っていたり価値観が合っている相手でも、家庭を持っている人だとなんとなく気を使ってしまって遊びに誘いにくいと感じる時もあります。

 

しかし、同じように30代で独身の相手だったら、同じような悩みを感じていたりするものなので、話が自然と盛り上がったり、へんに合わせなくても理解してもらえたりします。

 

このように、自分の状況や興味などに応じて、自分が仲良くなりたい相手と友達になりやすいかどうかも、社会人になってからの友達の作り方と学生時代の友達の作り方の違いのひとつです。

 

まとめ

 

社会人になってからの友達の作り方と学生時代の友達の作り方で、とくに違うのは

 

  • 自分から行動していく主体性
  • 親友の作りやすさ
  • 相手の選びやすさ

 

これら3つが考えられます。

 

そのため、社会人の友達作りにおいては、

 

  • あなた自身がどういう相手と友達になりたいか
  • その人から見てあなたは「友達になりたい」と思ってもらえる人間か
  • どうしたらそういう自分になっていけるか

 

などについて考えてみることも非常に大切です。

関連ページ

友達がゼロの大人には価値が無いのか?
友達がゼロ、1人もいない、完全に独りぼっち、そんな大人には本当に価値が無いのか?
価値観や考え方が合わない友達を避けて相性の良い友達を作る方法
価値観や考え方が合わない友達を避けて相性の良い友達を作る方法です。この方法を活用することで価値観や考え方が明らかに合わない嫌な人を避け、相性が良くて仲良くなりたい人を引き寄せて友達になる確率を大きく高めることができます。
価値感の押し付けではなく価値感を表現する
一方的な「価値感の押し付け」を避けて自然に価値感の合う友達を引き寄せるには?
友達と仲良くなる方法:5つのコミュニケーションタイプとは?
友達と仲良くなりたい、だけど仲良くなれない…そんな時は相手と仲良くなるための方法として『5つのコミュニケーションタイプ』を活用する方法があります。
性格がきつい人や自己中のな人にならない自然な価値感の伝え方
「性格がきつい人」や「ただの自己中な人」にならずに、より自然かつ柔らかい印象で自分の価値感を伝えるための5つのコツとは?
友達との人間関係が続かない人と続く人の違い
友達との人間関係が続かない人と続く人の違いをもたらす4つのパターンとは?
疎遠を回避し友達と良い人間関係を続ける5つの方法
疎遠を回避して友達と良い人間関係を長期的に続けるための5つの方法とは?
人間関係に自信が持てない社会人が自信を持つ方法
人間関係に自信が持てない社会人が確実に自信を持つための方法とは?
人付き合いの自信をつけるには?3つのコツ
人付き合いの自信をつけるには?3つのコツを紹介します。
友達募集掲示板で失敗する方法と対策
友達募集で掲示板を活用する時に失敗してしまう方法と、その対策についてお伝えします。
社会人の友達作りにおすすめの意外な場所
社会人が友達作りをできる”意外な場所”とは?
ひとりぼっち独身社会人の疲れを回復する12の方法
ひとりぼっちで友達も恋人もいない独身社会人が疲れを回復するための12の方法とは?これらを活用すると心も体も疲れがとれて元気になってくるので、友達が作りやすくなり仕事にも前向きな気持ちで取組みやすくなります。
今から友達作りは難しい?友達がいないまま社会人に…
学生時代に友達がいないまま社会人になってしまった場合、今から新しい友達を作るのは難しいのか?について考えました。
社会人となり疎遠になった学生時代の友達関係を復活する方法
社会人になって疎遠になってしまっていた友達とも、この方法を活用することで比較的自然な流れで関係を復活させることができました。
親友がいない社会人・大人の3つの原因と対策
親友がいない社会人・大人になってしまう3つの原因と対策とは?
友達ができない社会人9の特徴
友達ができない社会人の特徴を知り自分に当てはめることで、新しい友だちを作るために、そして友達になった相手との人間関係を良い状態に保つために、どんな点に気をつけたらいいか客観的に把握しやすくなります。
友達と離れたい疎遠にしたい時の禁断の方法
あなたはこの『友達と離れたい疎遠にしたい時の禁断の方法』を活用することで、もう関わりたくないと感じる友達から比較的自然に疎遠になっていき、自由の身になることができます。
友達として信用できる社会人と信用できない社会人の違い
友達として信用できる社会人と友達として信用できない社会人の違いとは?
望んでいることを明確にする
望んでいることを明確にすることが、友達と長期的に仲の良い人間関係を続けていくために、なぜ大切なのか?
方向性を一致させる
長期的に友達との良い関係を維持していくためには、相手と自分の方向性を一致させることが大切です。
先に与える人になる
「先に与える人」になることが、なぜ人間関係において大切なのか?
10倍与える
なぜ10倍与える人は人間関係がうまくいくのか?
感謝の気持ちで100%受け取る
「感謝の気持ちで100%受け取る」ことがなぜ人間関係において大切なのか?
結婚式に呼ぶ友達がいない・少ない場合の3つの対策(男女共通)
「結婚式に呼ぶ友達がいない・少ない」そんな場合の対策についてお話します。「形だけ」を避け、納得のいく式にするための3つの対策とは?

 
友達の作り方(TOP) 自己紹介・体験談 友達の作り方講座 人見知り克服講座 お問い合わせ