先に与える人になる

なぜ「先に与える人」になる必要があるのか?

友達と長期的に良い人間関係を続けていくためには、

 

「まずは先に与える」

 

この姿勢が非常に大切です。

 

なぜなら、私たち人間には「奪う人」を避け「与える人」と一緒にいたいという習性があるからです。

 

そして、人と接する時、一瞬のうちに無意識で「得しそう」か「損しそう」かで、相手と関わるかどうかを判断しているからです。

 

(『疎遠を回避し友達と良い人間関係を続ける5つの方法』の中の3つ目です)

 

焼き鳥を与えるおばさん

 

以前、私が仕事帰りに立ち寄った、とあるスーパーでの話です。

 

かなりお腹がすいていたタイミングで、スーパーの店内では焼き鳥の試食キャンペーンをやっていました。

 

そこで焼き鳥を無料で配っていたパートのおばさんが「まだ沢山あるからどんどん食べてね」と美味しい焼き鳥をタダで食べさせてくれました。

 

お腹がすいていたタイミングで、タダでおいしい焼き鳥を食べられた私は「得をした」気持ちになり、おばさんに対しても感謝の気持ちを感じました。

 

そして、「せっかくだからここの焼き鳥を買っていこう」と思って焼き鳥を買って帰り、その後も、そのスーパーの焼き鳥コーナーの常連客になりました。

 

一方的に押し付けてくるメガネショップ店員

 

また別の日に、私は新しいメガネを作りたいと思い、とあるメガネショップへ行きました。

 

まずはいろいろなメガネのデザインを見てみようと思い、入り口から店の中へ入って行くと、すぐに店員さんが話しかけてきました。

 

「こちらのメガネなんかどうですか?」
「視力測定をやりませんか?」
「数分で終わりますよ!」

 

私は、ゆっくりメガネを選びたいのに、やたらとしつこく急かしてくる店員さんの態度に違和感を覚え、そそくさとそのメガネショップから出ました。

 

自由にメガネを試着させてくれて、話しかけずに放っておいてくれくれたら、私はメガネを買っていた可能性が高いです。

 

しかし、「自分が買いたくないメガネや不要なサービスまで買わされて損しそう」という居心地の悪さを感じ、その後もそのメガネショップには二度と行くことがなくなってしまいました。

 

……

 

このように、私たち人間は人と接する時に、無意識レベルで一瞬のうちに「得しそう」か「損しそう」かで、相手を判断しています。

 

そして、「奪う人」を避けて「与える人」に近づくという習性があります。

 

全ての人間が無意識レベルで「損か得か」を判断している

 

こういった話をすると「私は”損得勘定”で関わる人を選んでなどいない」と思う場合もあるかもしれませんが、これは基本的にどんな人でも無意識レベルで感じていることです。

 

ここでいう「損得」は単純にお金を損するか得するかだけではありません。

 

例えば、その人と関わることで

 

  • 楽しいか ⇔ つまらないか
  • 自分の話を聞いてもらえるか ⇔ 自分の話を聞いてもらえないか
  • 価値観が合うか ⇔ 価値観が合わないか
  • 人とのつながりを感じられるか ⇔ 疎外感を感じるか

 

など、さまざまなメリット・デメリットを私たちは無意識のうちに判断して、相手と関わるかどうかを判断しています。

 

こういったことがあるので、新しく友達を作ったり、友達との良い人間関係を長期的に続けていくためには「相手へ先に与える」姿勢が非常に大切なのです。

関連ページ

友達がゼロの大人には価値が無いのか?
友達がゼロ、1人もいない、完全に独りぼっち、そんな大人には本当に価値が無いのか?
価値観や考え方が合わない友達を避けて相性の良い友達を作る方法
価値観や考え方が合わない友達を避けて相性の良い友達を作る方法です。この方法を活用することで価値観や考え方が明らかに合わない嫌な人を避け、相性が良くて仲良くなりたい人を引き寄せて友達になる確率を大きく高めることができます。
価値感の押し付けではなく価値感を表現する
一方的な「価値感の押し付け」を避けて自然に価値感の合う友達を引き寄せるには?
友達と仲良くなる方法:5つのコミュニケーションタイプとは?
友達と仲良くなりたい、だけど仲良くなれない…そんな時は相手と仲良くなるための方法として『5つのコミュニケーションタイプ』を活用する方法があります。
性格がきつい人や自己中のな人にならない自然な価値感の伝え方
「性格がきつい人」や「ただの自己中な人」にならずに、より自然かつ柔らかい印象で自分の価値感を伝えるための5つのコツとは?
友達との人間関係が続かない人と続く人の違い
友達との人間関係が続かない人と続く人の違いをもたらす4つのパターンとは?
疎遠を回避し友達と良い人間関係を続ける5つの方法
疎遠を回避して友達と良い人間関係を長期的に続けるための5つの方法とは?
人間関係に自信が持てない社会人が自信を持つ方法
人間関係に自信が持てない社会人が確実に自信を持つための方法とは?
人付き合いの自信をつけるには?3つのコツ
人付き合いの自信をつけるには?3つのコツを紹介します。
友達募集掲示板で失敗する方法と対策
友達募集で掲示板を活用する時に失敗してしまう方法と、その対策についてお伝えします。
社会人の友達作りにおすすめの意外な場所
社会人が友達作りをできる”意外な場所”とは?
ひとりぼっち独身社会人の疲れを回復する12の方法
ひとりぼっちで友達も恋人もいない独身社会人が疲れを回復するための12の方法とは?これらを活用すると心も体も疲れがとれて元気になってくるので、友達が作りやすくなり仕事にも前向きな気持ちで取組みやすくなります。
今から友達作りは難しい?友達がいないまま社会人に…
学生時代に友達がいないまま社会人になってしまった場合、今から新しい友達を作るのは難しいのか?について考えました。
社会人となり疎遠になった学生時代の友達関係を復活する方法
社会人になって疎遠になってしまっていた友達とも、この方法を活用することで比較的自然な流れで関係を復活させることができました。
親友がいない社会人・大人の3つの原因と対策
親友がいない社会人・大人になってしまう3つの原因と対策とは?
友達ができない社会人9の特徴
友達ができない社会人の特徴を知り自分に当てはめることで、新しい友だちを作るために、そして友達になった相手との人間関係を良い状態に保つために、どんな点に気をつけたらいいか客観的に把握しやすくなります。
友達と離れたい疎遠にしたい時の禁断の方法
あなたはこの『友達と離れたい疎遠にしたい時の禁断の方法』を活用することで、もう関わりたくないと感じる友達から比較的自然に疎遠になっていき、自由の身になることができます。
友達として信用できる社会人と信用できない社会人の違い
友達として信用できる社会人と友達として信用できない社会人の違いとは?
社会人と学生時代における友達の作り方 3つの違い
実は、社会人や大人になってからの友達の作り方は学生時代の友達の作り方とは違います。この3つの違いを理解することで、社会人や大人になってからの友達作りがしやすくなります。
望んでいることを明確にする
望んでいることを明確にすることが、友達と長期的に仲の良い人間関係を続けていくために、なぜ大切なのか?
方向性を一致させる
長期的に友達との良い関係を維持していくためには、相手と自分の方向性を一致させることが大切です。
10倍与える
なぜ10倍与える人は人間関係がうまくいくのか?
感謝の気持ちで100%受け取る
「感謝の気持ちで100%受け取る」ことがなぜ人間関係において大切なのか?
結婚式に呼ぶ友達がいない・少ない場合の3つの対策(男女共通)
「結婚式に呼ぶ友達がいない・少ない」そんな場合の対策についてお話します。「形だけ」を避け、納得のいく式にするための3つの対策とは?

 
友達の作り方(TOP) 自己紹介・体験談 友達の作り方講座 人見知り克服講座 お問い合わせ