人見知りを克服する方法(大人・社会人向け)

大人・社会人が人見知りを克服する方法とは?

今回は、大人・社会人のための人見知りの克服方法についてお伝えします。

 

この人見知りの克服方法を活用することで、あなたは人見知りを克服したり、自己矛盾を解消して、友達作りや人間関係の構築をスムーズにしていくことができるようになります。

 

もちろん、これを読んだだけで今すぐ100%克服できる、完全に治る、という話ではありません。

 

あくまでも”エクササイズ”なので、一番大切なのは、実際に行動して場数をふんでいくことです。

 

しかし、ただの知識としてではなく超具体的な手順までお伝えするので、このエクササイズをくり返すことで、確実に自分自身のコントロールスキルを高め、自分の内側から人見知りを改善したり、自己矛盾を軽減していく効果が期待できます。

 

これによって、こちらの『友達がいない社会人になってしまう最大の原因と3つの理由』でお伝えした、自己の内面に関する落とし穴を回避しやすくなり、本当の意味での友達作りをスタートさせることができます。

 

逆に、こういった自分の内面に関することを無視したまま行動しようとすると、自分から人に話しかけることができなくなってしまったり、相手から話しかけられても必要以上に緊張してしまって普通に話すことができなくなってしまう、などのジレンマに陥って動けなくなる場合があります。

 

そうなると、相手から「つまらない人」や「感じの悪い人」と思われて避けられてしまったり、ある程度やりとりできるようになったとしても、いつまでも本当の自分を出すことができないために、うわべだけの関係しかできなくなってしまう可能性もあります。

 

さらには、「友達が欲しいけど、友達が作れない」という矛盾を長期的に抱え続けることで、自分への自信をどんどん低下させてしまい、ますます友達作りが困難になってしまうことも考えられます。

 

なので、まずはこの人見知りの克服方法を通じて、自分自身をコントロールするスキルを高めることが大切です。

 

1人でできるシンプルな方法

 

この人見知りの克服方法は、自分一人でできる非常にシンプルな方法です。

 

私自身、子供のころからけっこうな人見知りだったのですが、この方法を活用するようになったことで、友達作りにおける自分の中の矛盾を解消し、人と接することへの不安や恐怖心を軽減し、そこから人見知りを克服していくことができました。

 

私の場合、「克服」と言っても初対面の人と接する時の緊張感が完全に無くなったわけではなく、根本的な性格は今でも変わっていません。

 

しかし、こうした方法論を知ったことで、自分の気持ちを整理しやすくなり、1人でクヨクヨ悩んだり、漠然とした不安感で苦しくなっていた状態から、リラックスして安心できる状態へと、自分の気持ちを切り替えやすくなりました。

 

その結果、新しい人間関係を作っていくことへの恐怖を乗り越えることができ、友達作りに必要な行動を比較的スムーズにとっていくことができるようになりました。

 

大人の人見知りを克服する3つのステップ

 

それでは、具体的に大人や社会人の方が人見知りを克服する方法について以下の3つに分けてお伝えしていきます。

 

  1. 人見知りの意味を知る
  2. 人見知りの原因を知る
  3. 人見知りの原因を取りのぞく

 

次のページから具体的に1つずつ解説していきます。

 

>> 大人の人見知り克服方法1:人見知りの意味と正体を知る <<

関連ページ

大人の人見知り克服方法1:人見知りの意味と正体を知る
大人の人見知りの克服方法のステップ1は人見知りの意味、そして正体を知ることです。まずここを理解することが人見知りを治す第一歩です。
大人の人見知り克服方法2:人見知りの原因を知る
大人の人見知りの克服方法のステップ2は人見知りの原因を知ることです。この原因を知らずにいると、自分でも気が付かないうちに人見知りを悪化させていってしまう場合があります。
大人の人見知り克服方法3:人見知りの原因を取りのぞく
大人の人見知りの克服方法のステップ3は人見知りの原因を取りのぞくことです。人見知りを治すには根本原因に直接働きかけるのが効果的です。

 
友達の作り方(TOP) 自己紹介・体験談 友達の作り方講座 人見知り克服講座 お問い合わせ